令和元年度 療育部会

令和元年度 療育部会 活動報告
部会長 馬場ひかり (独)国立病院機構 小諸高原病院
  • 令和元年度の活動内容
第1回 令和元年5月27日(月) 参加者:40名
内容:①自己紹介②部会長・副部会長選出③自立支援協議会と基幹センターの説明④療育部会の活動計画⑤障害福祉計画及び障害児福祉計画について
学習会
医療的ケア児等支援者学習会 令和元年6月28日(金) 参加者:43名
内容:①NICU、訪問看護ステーション、小諸高原病院、当事者保護者、療育Co各実践発表
第1回(発達WG) 令和元年7月8日(月) 参加者:19名
内容:①障がい児の放課後支援に関するアンケートについて②放課後等児童デイサービスの現状と課題
第2回 令和元年7月22日(月) 参加者:28名
内容:①医療的ケア児学習会の報告②障がい児の放課後支援に関するアンケートについて③医療的ケア児・者支援に関する研修会について
研修会
医療的ケア児・者の支援に関する研修会   令和元年8月31日(土)  参加者:50名
講師:加賀田 真寿美氏(佐久医療センター小児専門看護師)
内容:①医療的ケアが必要な方を包括的に支えるための支援体制の実現に向けて②グループワーク
第3回 令和元年10月7日(月) 参加者:23名
内容:①医療的ケア児の支援に関する学習会について②保育所等訪問支援について③発達障がい地域診断について④意思決定支援について
第2回発達WG 令和元年11月11日(月) 参加者:18名
内容:①障がい児の放課後支援に関するアンケートについて②台風19号の災害について
第4回 令和2年1月27日(月) 参加者:28名
内容:①長野県医療的ケア児等連絡推進会議からの報告②令和元年度の活動について③令和2年度の活動について④意見交換会(ワールドカフェ)
 
  • 活動のまとめ・成果
  1. 学習会や研修会を開催し、地域課題の共有及び、関係機関のネットワークの構築の促進を図ることができた。
  2. 発達WGでは、放課後等児童デイサービスにおける課題(児童館でトラブルになるケースなど)等について情報共有を図ることができた。
  • 部会運営における課題
  1. 医療、教育、保育、福祉、保健、行政等の多くの分野からなる部会のため、横のつながりは持てるが、テーマや課題が絞り切れず十分な協議ができない。
  2. 地域課題等の把握から前に進めない状況であり、運営の見直しが必要だと感じる。(参加率58%)
  • 来年度の活動方針
  1. 医療的ケア児・者や発達障がい児・者及び、その家族の支援体制の整備に向けて、市町村毎にしっかり課題について協議ができる体制が必要だと感じている。これまでの部会運営で市町村毎や地域毎の課題は見えているので、そこでの協議から次のステップにつなげていきたい。
  2. 今回の台風19号による大規模の河川の氾濫、停電等の災害により、障害者の災害対策がまだまだ問題山積みであることを改めて実感させられました。このことが形骸化につながらないよう、様々な立場の関係者が対話を絶やさずに進めて行くことが重要だと思います。